2017年12月8日金曜日

Trail Bum - Down Jumper


薄手軽量のプルオーバー型インナーダウンジャケット。
日本を代表するダウンシュラフ(寝袋)メーカーとして高い信頼を得ているNANGAによる生産です。

寒い時期のハイキングやスキー&スノーボードといったウインタースポーツ時のミドルレイヤーとして使いやすい厚み。
撥水ダウンのため、雪など多少の水分であれば保温力を維持できます。
息の上がるような状況でも、化繊中綿に近い感覚でシェルを羽織らずに行動でき、一般的なフリースや化繊中綿と比較するとかなり軽量な175gというのがポイントです。
寒い時は腹部のポケットにカイロを投入しても良いでしょう。

街着としても秋はアウター、冬は中間着と使いまわせるアイテム。
軽いので肩も凝りません。
街でも旅先でも山と同じように寒くなったら着るという使い方ができる収納性の高さもこういった薄手ダウンの魅力です。






商品の詳細とWebからのお買い物はこちら


どうぞよろしくお願いいたします。





2017年12月5日火曜日

ROJK - Monk Pullover Hoodie & Eskimo Hoodie


スウェーデン発のスポーツアパレルブランドROJKを久しぶりにセレクトしました。
ここの良さは、アウトドア・スポーツに振り切らないモノ作り。
環境への配慮やデザイン性を優先し、機能性を最優先とはしてませんが、一般的なユーザーにとってはアウトドアユースとしても十分な作りです。
優れた素材を用いながら、それを感じさせないので、普段のお出かけで着ても、つまりデニムやチノなどに合わせてもしっくりくるんですよね。

今季Montaneが押しているPriminoで使っているメリノ×プリマロフト素材のベースレイヤーも数年前からROJKではラインナップされていましたし、結構面白いもの作っていると思います。

当店では今季リサイクルウールを主体としたセーターのようにも見えるミッドレイヤー、ハーフジップのMONKとフルジップのESKIMOの2型を選びました。
一般的なデイハイキングに十分な着心地と機能性を持ちながら、普段着にしても何ら違和感のない素材感とデザインです。
リサイクルウールはそれ自体がリサイクル品ではありますが、ウールの防臭性により洗濯回数を減らすことも目的としています。
ウインタースポーツ時のインナーとしてもお薦め。






Monk Pullover Hoodie、メンズは以下2色


レディースは以下2色


MONKのハンドポケットは中でつながったカンガルーポケット式。
カイロでお腹を温めてもいいですね。


フルジップのEskimo Hoodieは、男女とも写真のHazelというカラーをセレクトしています。


どちらも内側はポリエステルをブランケットのように起毛させた肌触りの良い生地です。


各商品の詳細とWebからのお買い物はこちら


どうぞよろしくお願いいたします。







2017年11月29日水曜日

2017年12月と年末年始営業のお知らせ


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


12月と年末年始の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。

12/ 5(火) 休み
12/ 6(水) 16:00-19:30営業
12/ 8(金) 15:00-19:30営業
12/ 9(土) 15:00-19:30営業*
12/10(日) 15:00-19:30営業*
12/12(火) 休み
12/14(木) 16:00-19:30営業
12/19(火) 休み
12/29(金) - 1/ 4(金)休み (仮)

*12/9-10は商店会の福引当番のため13:00-14:20は福引所におります。

上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。
予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
取扱商品・その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。

2017年11月28日火曜日

弁天通り商店会MAP 2017


2月に店舗を移転してから所属させて頂いております弁天通り商店会にて、商店街MAPを製作しました。
店頭で配布しておりますので、よろしければご覧頂けますと幸いです。



PDF版ダウンロードはこちら (2700KB)


同じ商店街といっても、店主自身がこちらに越してくるまで知らなかったお店、またマップを製作するまで訪れたことがなかったお店ばかり。
当店のお客様もそうだと思いますので、このマップで新たな発見があれば嬉しいです。

また、大変ありがたいことに、東京でも練馬区以外、また他県からいらして頂くお客様も多いです。
近くでランチができるところなどを聞かれたりもするので、その都度紹介させて頂いたのですが、食事はもちろん買い物を楽しめるお店が多数ありますので、せっかくいらして頂いたなら、練馬散歩といった具合に他店ものぞいてみて下さい。

今回のMAPでは近隣のちょっとした見どころも紹介していますよ。

製作は練馬在住のイラストレーターやぐち ゆみこ 様とデザイン室 あとりえ 様にお願いしました。



2017年11月26日日曜日

facebook


こんにちは、店主です。

インスタグラムのアカウントをビジネスプロフィールに変更するのにFacebookページが必要ということで、今更ながらFacebookページを始めました(笑)

基本的にはインスタグラムの投稿を流すだけとなりますが、インスタもツイッターもやってないけどFacebookはやっているという方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧頂けますと幸いです。

https://www.facebook.com/sokitnerima/

今後も営業案内速報などはtwitterでの掲載予定。
引き続きWeb Storeトップの右側に表示させますので、ご来店前に一度ご確認頂けますと幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


2017年11月6日月曜日

Teton Bros. - Tsurugi Jacket KB、Run With Alpha 2017年秋冬新作


入荷が遅れておりましたティートンブロスの秋冬製品。
一部サイズが欠けたりしておりますが、取り急ぎご紹介いたします。


Tsurugi Jacket KB (Knit Backer)
2017年秋冬モデルよりファブリックをTeton Bros.とPolartec社の共同開発によって生まれた、オリジナルのNeoShell Knit Backer にアップデートし、着用感、しなやかさ、内側の耐摩耗性が向上。
製品自体に高級感も出て、格好良さが増した気がします。
なお、重量は前モデルより60g程度増量。
より軽量化を目指すならツルギライトジャケット、厳冬期用軽量シェルとしてならツルギジャケットと、今まで以上にそれぞれの目的が明確化しました。





Run With Alpha
一目でそれと分かるTetonらしい斜めに大きく開くジッパーを備えたプルオーバーフーディー。名前の通りトレイルランナーを意識した製品ではありますが、当店では簡易ソフトシェルとしてハイカーへの提案です。
冷えやすいフロント側と肩回りを薄手のPolartec Alphaインサレーションと目の粗いメッシュ生地でライニングしており、汗をかきやすく、パックを背負う背中側と、両脇から腕の内側部分はウインドシェル生地のみという構成。
風から身を守り、必要な部分は少し保温してくれて、一般的なミッドレイヤーと比較すると軽量かつコンパクトに収納できます。
薄手なので、レイヤリングやシチュエーションによっては1年中活躍が期待できる製品です。








Women's Lady Bug Jacket
ツルギジャケットのレディースサイズを待っていた女性も多いはず。
腹部カンガルーポケットの左ジッパー側の開口部がジッパー付きに変更されている他は、ツルギジャケットと同じディティールです。
サイズ感が合わず購入をためらっていた方は、ぜひこのシンプルが故の機能美とNeoshellの快適さをご体感ください。





Pray For Powder II Tee (Men's)
毎シーズン定番のTony DeBoomによるオリジナルアートワークTee。
滑った後の温泉出た後に着るならこのTシャツしかありません。




その他では Polartec Alphaを前面に使用したAlpha Vestと、Polartec Power Woolを使用したベースレイヤーが各種再入荷しております。


各商品の詳細とWebからのお買い物はこちら


どうぞよろしくお願いいたします。







2017年11月1日水曜日

2017年11月の営業予定


いつも当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


11月の店舗休業日・短縮営業日のご案内です。

11/ 2(木) 休み
11/ 7(火) 休み
11/ 9(木) 休み
11/11(土) 休み
11/12(日) 休み
11/14(火) 休み
11/16(木) 休み
11/21(火) 休み
11/22(水) 休み
11/29(水) 休み


上記以外は通常営業 (12:00 - 19:30) となります。
予定の変更などがあった場合には、随時変更させて頂きます。

当日の営業確認はお電話でどうぞ。
取扱商品・その他のお問い合わせはWeb Storeのお問い合わせフォームよりお願いします。

TEL:03-3994-3822
※お客様がいらっしゃる場合、また一時的に外出している場合など営業時間内でも電話に出られない事がございます。